活動内容
 
   合気道『燦武館』(さんぶかん)
 
              小平・西東京・小金井・武蔵野・東久留米
 
早くも、季節は『小寒』から『大寒』へ!
 
寒さが厳しくなって行く毎日ですが、この寒さに負けない
よう、免疫力を高めるためにも、運動は欠かせません。
 
色々と忙しく過ごしているうちに、月日は過ぎてしまいます。
慌しさに飲み込まれないように、しっかりと人生に『一本の筋道』
を通しておきましょう。
 
合気道は、武道としての「生涯探求」の心を育て、『人生の心柱』
通してくれます。
 
 
★平成31年・『春の審査会』のお知らせ!
 少年部審査会 3月 3日(日)
 一般部審査会 3月17日(日)
 ※通常の稽古時間内にて審査します!
  少年部審査においては、3月3日前後の稽古時間での審査も可能です。
 
この審査会に向けて目標を持って真剣に稽古していく中で、心身が
 鍛えられ、健康も維持され、体力も強化され、技も身についていきます!  
 
 
 
2019年元旦の『活け花』
白い木瓜と根上り松と菊の活け
花です。
個性をしっかり主張しながら、
互いを活かし合う『自立と調和』
の精神が『合気道の精神』
共通していると感じます!
まだばだ、全然未熟な私ですが、
今年も一心に研鑽して参ります。
今年もよろしくお願い致します。
 
 
『合気道』は、自分を守り、人を傷つけない・思いやりの武道です!
 =技を磨き、道を学ぶ!=
★健康維持と危機管理! ★特技で磨かれる自信! ★強さからの優しい心!
 NGT山口真帆さん。大変でしたね。大事なくて良かったですが、いつどんなところで自分の身に降りかかってくるか分かりません!合気道の稽古は、危険に備え、『心の備え』にも繋がるものです。
             https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00010000-flash-ent
 
 
  =継続は奇跡の力!=
  ◉体力を鍛えて、健康を維持すること!
  ◉安全への意識を高めて、身を守っていくこと!
  ◉人との稽古で、人間関係の調和と、心身の練磨を図ること!
  ◉常に人を尊重し、礼を持って接する心を育てること!
     全てが豊かな未来への、もっとも大切な投資となるものです
 
『礼を尽くす!』
セレモ2018の素敵なCMのワンシーン
 
 
モデルは『塩田 倫』さんです。
 
このような美しい礼を身につける事は、生涯の財産となるものと思います!
           
★安全確保の技量として、健康維持の趣味として、心身練磨の合気道を!
   
         問合せは燦武館代表:川口 耕司 rivertg17@yahoo.co.jp 
           TEL  090ー8348−7819 までお願い致します!
 
★幕末から明治維新で活躍した志士に、優れた剣術家が多いのはなぜか!?
  身体が強靭である以上に、強い心を武道で育成した鍛錬が原動力だったのでしょう!
  いつの時代にも、武道は『強い心』を磨くのに必要なのですね。
        https://toyokeizai.net/articles/-/180997     『幕末の剣士達』坂本龍馬から伊藤博文まで・・ 
 
★『運動時間』が少ないと、視力低下に苦しむ!?
 「勉強・ゲーム・アニメ・テレビ・マンガ」・・・だけの生活にならないように!!
   https://blogos.com/article/348450/
 
★『燦武館』の皆様へのお願い!
  『燦武館』は冷房完備で、ワンドリンクのサービスを提供していますが、
 「熱中症」予防のため、必要な折りにはいつでも水分補給して戴けるよう、
  水筒などの用意を基本的にお願い致します。
 
 
★入会金
 『一般部』5000円・『大学生・高校生』4000円・『少年部』3000円
    =ご兄弟・親子等で入会される場合の入会金はお一人分で結構です!=
 
★月会費
『一般部』5400円・『大学生・高校生・少年部』4320円
 
 
『少年少女部』(通称『少年部』)の稽古時間!
     =週4回の稽古日の、どの稽古時間に何回でも、ご参加していただけます!=
   土曜日:『少年部A』10:30〜12:00(お迎えは13:00までに)
      『少年部B』13:00〜14:30(お迎えは15:30までに)
  
      日曜日:『少年部A』 9:00〜10:30(お迎えは11:00までに)
      『少年部B』11:00〜12:30(お迎えは13:15までに)
       ※『少年部A』『少年部B』ともにどちらに参加してくださっても構いませんが、
          未就学のお子様は『少年部A』の時間にお願い致します。
  
  火曜日: 午後4:00〜5:30(お迎えは6:00までに)
      午後7:00〜8:30(この時間は、花小金井武道館での稽古です。)
         ご希望により、8:00までの稽古も可能です。
        
  金曜日: 午後4:00〜5:20(お迎えは5:20までに)
       平日稽古では学校の都合でしたら、遅れて参加しても構いません。
  
★『一般部』の稽古時間(中学生以上の方の稽古時間)
 火曜日  午後7:00〜8:30(花小金井武道館にて)
      少年部の方も参加できます。(7:00〜8:00)
      ご家族での参加も大歓迎します!     
 土曜日  午後6:00〜7:30
 日曜日  午後1:30〜3:00
 
 
 ※火曜日の『一般部』の稽古は、『花小金井武道館』での稽古になります。
 「少年部」も含めた、合同稽古です。詳しくは、当HPの『花小金井武道館合気道』
 のページをご覧ください。
       http://www.p-kit.com/user/homepage/index.php?action=pageedit&page=268438

 

 
花小金井合気道『燦武館』道場指導者
 道場代表:川口 耕司(合気会:本部道場五段)
           (神道夢想流杖道五段) 
 
 チョー・ウー・ルイン(合気会:本部道場五段)
 
 審査師範:高溝 真理子(合気会:本部道場七段)
 
『合気道の良さと魅力!』
①誰でも取り組める稽古で、健康と体力が維持・向上できます。(健康維持)
 
②護身術を身につけることで、対人関係にも自信と安定が生まれ、調和する生き方ができてきます。(調和錬成)
 
③様々な危険に対応する稽古により、危険に対応する力がついてきます。(危機管理)
 
④人を傷つけない武道を目指しているので、優しさや思いやりが身につきます。(友好尊重)
 
⑤技の奥深さの魅力に、生涯を通して取り組める趣味として取り組むことで持続力が育ちます。(生涯武道)
 
⑥日本の伝統的な武道として海外でも高く評価され、日本の文化を身につけることができます。(伝統文化)
 
 

2015年1月『少年部』稽古風景

 

  
 『心身練磨』ー楽しく和気藹々の雰囲気を大切にする中で、豊かな人の輪を創り、心と身体を鍛えていきます!世界に誇ることのできる日本の伝統文化ひとつです。
 
 『少年少女部』では元気溢れる活発な心身を育てるなかで、しっかりとしたけじめと礼儀をわきまえる人格の育成を目指します!
 子ども達を守るため、明るく健康的で、強くて優しい子を育てましょう!
子ども達を強く優しく育てていきたい!
『減らないこどもの自殺』 
2017.4.21  朝日デジタルニュース
 

“いじめ”を許してはならない。
自信の無い奴は“いじめ”に走るから、
”いじめ”などしない子を育てたい!
しかし、飛びかかる火の粉は払える
ようにもしておこう!
 
『担任がいじめを放置』
2017.4.21サンケイニュース
 
『合気道』の利点
 《身心を鍛え、健康であることが幸せへの道》
1:合気道には勝ち負けを競う競技はありません!
・自分の体力・体格・体調に合わせて稽古をし、優劣を競いません。
・勝ち負けに伴う、他と比較して優越感を持つような気持ちは育ちません。
・誰とでも、優劣を競わず、楽しく稽古することが出来ます。
・男女・学年・年齢を超えた交流の幅が豊かに広がります。
 
2:合気道には武道としての技の奥深さがあります!
・戦国時代より伝承された護身術で、技の奥深さを感じることができます。
・合気道の技の取得のため、自省を深めて技を磨く向上心を高めていきます。
・技の錬磨を求めていき、生涯にわたって研鑽錬磨に努める心が育ちます。
・『身体を動かす趣味』として生涯続けることのできる武道です。
 
3:『継続する力』『持続力』『忍耐力』が育ちます!
・年数を掛けて稽古する事で、『継続することの偉大な成果』に気づきます。
・『継続する力』を身につけると、学業や仕事にもその精神力は役立ちます。
・継続して稽古する中で精神が磨かれ、身体の健康と安全を確保できます。
 
4:『身体を動かす趣味』を持つ事は生涯の宝物となります!
・ゲーム・マンガ・テレビ、ましてカジノなどと氾濫する時代に、生涯を通して心身を錬磨し、楽しんで取り組んでいける文化としての武道は人生の支えとなるものです。
・『健康第一』と『文武両道』を育てる合気道です。
 
5:身近に取り組める合気道は、健康な生活習慣を築きます!
・『日本文化』として茶道・華道・書道と同様に心身の錬磨に貢献します。
・世界に誇ることのできる日本文化と伝統武道は国際社会での交流のツールともなるものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『座り技』の稽古を楽しく行う、『少年部B』の稽古時間の様子です!
 
 
 
 
 
 
 
2017年2月8日更新
 
★2018年12月22日『稽古納め会』(少年部)
本日はありがとうございました!お陰さまで良い『稽古納め演武会』が出来たと思います。
一年の稽古の成果を感謝し、披露するという会でしたが、大きな怪我もなく、楽しく良い稽古が出来て、それぞれに技のレベルを上げてきてくれていることを大変に嬉しく思いました。ご家庭からのご理解とご協力に深く感謝申し上げます。

今日は演武会、本当に有難うございました。
日頃の練習風景が垣間見れて嬉しかったです。
長男は以前は、周りの子の技をキョロキョロ見て

やってたのが、歯を食いしばって技をしている姿

に手に汗握って見ていました。

長女は恥ずかしながらも動じずに次から次に技を

会得しいて感心しました。
2人とも別人かと思いました。
他の子供もしっかりと技をしている姿に、大人だと

技を頭で考えそうですが、子供は頭じゃなく体が自然と動くんだなと感心致しました。


川口先生のご指導の素晴らしさに感謝いたします。
ケーキが美味しかったと大喜びで帰宅しました。
写真もありがとうございます。
また、来年も宜しくお願いいたします。

 

今回の納め会は見応えがありました。見学できて有難いです。

いつものAクラスの昇級審査とは違って、高学年.中学生の演武が見れて、とても楽しかったです。

印象的だったのは、中学生と先生とのやり取りです。

特に先生が最後に全員を相手にして下さった時は、子供達との信頼関係がとてもよくわかりました!

素晴らしい先生と先輩、仲間に囲まれ幸せです。

今年一年大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         
今日は、娘にとって稽古納めも
大事な行事でした!
玉ねぎパイ、年明けの楽しみに
なります。有難うございます!
 
こうして生徒の事を考えて下さる
先生の暖かさが子供達をひきつけ
るのでしょうね。
 
 
 
年明けも、演劇の活動でお休みが
最初に続いてしまうのでとても残念がっていましたし、
昇級審査に響かないかと日数計算に必死でした。
 
やるとなったら一生懸命な子なので親としても応援しています。
どうぞよろしくお願い致します。

先生も良い年をお迎えください!
 
          
 
 
 
2018年10月の審査会の様子です!
『一般部』・『少年部A・B』共に良く稽古を積んで、とても素晴らしい審査会になりました!
昇級審査に合格して、着実に技術を伸ばして、自信を身につけて行けることが合気道の素晴らしさですね
『保護者の方からのお礼の一文』
川口先生
 いつも、大変お世話になっております。
この度はありがとうございました!
本人も合気道は本当に好きみたいで時間がある時には必ず行きたいと言い、家でも私達に教わった技を披露してくれます。
 また、次男及び次男のお友達も通いたいと言っておりますので、その時には また宜しくお願い致します!
 
 
2018年7月15日(日)
日本武道館にて開催されました、『全日本少年少女合気道練成大会』に参加しました。
今年は、我が『燦武館』の生徒が、立派に選手宣誓を勤めてくれました
北海道から、西日本まで全日本の多くの
少年少女が参加する大会です!
堂々とした選手宣誓に心から感動しました!
年々、逞しく育ってくれている生徒達です!
『燦武館』の道場演武も見事にこなしてくれました!
 
 
2018年7月20日(金)
小金井市にある『東京工学院専門学校』にて交換留学にきている、アメリカ・ホープ大学の生徒に合気道の指導をしてきました。
スポーツ科学科の生徒達と共に稽古しましたが、流石に身体も良く動き、反応も良く、合気道の技を良く理解して、楽しく稽古することができました。
合気道と言う『自分を守り、人を傷つけない』平和の護身術にアメリカの学生も大いに興味を持ってくれ、笑顔と感動の耐えない稽古となりました!
やはり、『合気道は世界に通じる!』ものですね(^_^)/
 
東京工学院専門学校・スポーツビジネス科の
先生方と生徒達。そして、アメリカミシガン州
HOPE大学の交換留学生さん達です!
『合気道』基本的な身体操作の
説明にも熱心に耳を傾けてくれました!
「四方投げ」の稽古ですが、
このような難しい技まで、指導
する予定は無かったのですが、
皆さんの反応の良さに、つい
進めてしまいました!
 
 
2017年3月19日(日)
合気道本部道場の高溝真理子師範をお招きして、
『昇段審査』を行いました。
見事に、3名の方が『初段』に昇格しました!
おめでとうございます♬
長い期間の努力が実り、『裁きが大きく、体勢の
しっかりした合気道をされていて、素晴らしいと
感じました!』との高溝師範からのお褒めの言葉も
戴きました。
 『H・Yさんの感想』
合気道の「心身の錬磨を通じて人と争わない精神』・『他人と勝敗を争うのでなくお互いに尊重し合う精神』や日々の稽古における『礼に始まり礼に終る』普段の行動がより良い人間関係を作り出すものと思います。稽古においても怪我をさせないように投げるにはどうしたら良いのか体系づけられている点は世界にも類を見ない武道です。家庭や社会においても、相手を活かし自分も活かせられるのか考えて行動するよう自然と身に付いたように思えます。
最後に、川口先生をはじめ、一緒に稽古をしてくれた方々、大変ありがとうございました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。初段を取得してからがスタートだと思っています。
(一部抜粋)
 
 
『M・Hさんの感想』
合気道の魅力を感じ、合気道をつづけていく中で学んだことのもうひとつに、『続けることの大切さ』があります。始めた当初は続くかどうか分らなかった私でしたが、合気道の魅力を体感するとともに長い時間を掛けないと、なかなか身につかないもの、しかし続けることが「確かな成長」に繋がるものであることを学びました。
稽古仲間と合気道をすると嫌な事や悩みなども自然と頭の中で整理されていくような気持ちになりました。合気道と出会ってまだ4年という短い時間ですが、ここまで合気道を続けたきたからこそ、このような魅力に気づくことができ、人として成長できた4年間でした。(一部抜粋)
 
 
『M.Kさんの感想』
小学生ほどの小さな子から、20以上年上の方まで、また海外の方など、普段深く関わらない様々な人たちと会って稽古をすることは気分転換をするよい機会となりました。
 
勉強や趣味などで机に向かっていることが多く身体を動かすことがないので、週に数回稽古をすることで生活にメリハリがつきますし、いつもとは違った集中する時間になっています。
よりしなやかな、そして力強い合気道をすることができるようになることを目標に、この先も自分のペースで長く長く続けていきたいと思います。
(一部抜粋)
 
 
 
 





《審査を見学して下さったR.Uのお母様からのご感想です。》

今日は、ありがとうございました。

弟のRIが…皆の和の中でやれている事に成長を感じました。技も受け身も、キレが良くなってきていました。

Raは、技や受け身に丁寧さが見られてきて、伸ばすや曲げる動作が綺麗になったなぁ~と成長を感じました。


先生達の受け身や、技も毎回迫力があるので、楽しみにしていました。

まだまだ、やんちゃ坊主で稽古外でもご面倒をおかけしておりますが、合気道に楽しく通っているのは先生のご指導のお陰だなぁ~と感じます。

今後とも宜しくお願いします。






《審査を見学して下さったY.Uのお母様からのご感想です。》
 今日は審査を見学させて頂き ありがとうございました。先生のご指導のおかげで 6級合格することができ、本人もにこにこしながら帰って来ました。今日、合気道に行く前は「あ〜審査まであと少しだぁ」と不安げな様子。「いつも通りすればいい」と言ってあげたくらいです。
 審査は小さいお友だちからはじまったので、Yoが本当に高学年らしく落ち着いて見えたので少し驚きました。こんな流れるように迷わず出来るようになったんだぁと感心もしました。
今日はみんなで合格おめでとう!の乾杯をしてあげました。今、「いや〜俺も青帯かぁ〜」と満足そうに言っています。
 本当に子どもの成長は早いものですね。
これからも合気道はもちろん、いろいろな事のご指導をどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございましたm(_ _)m



【今回の春の審査会の感想]
      代表:川口 耕司
 花小金井合気道『燦武館』も少年部の会員が26名と増えて、活気溢れるようになってきました。審査も上級者が増えて来て、技のグレードがアップするなかで迎えた審査会でした。普段の稽古の成果をしっかり発揮してくれた良い審査会となりました。

 ともに稽古して審査に合格していく為に互いに協力し合って努力することの中から、しっかりとした友情も育ってきます。合気道『燦武館』の子達がみんなとても仲がいいのも、このような合気道の

中で育ったものと確信できます。


 今回の沢山の父母の皆様の見学を戴き、普段からのご協力も含め、厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました! 
 
 
2016年3月6日『少年部』稽古風景です!

整列して正座して、稽古の中で礼を身に付けて育っていく子達です♬

稽古は学年の垣根を超え、男女も共に交流し合って稽古するなかで、誰とでも仲良く過ごす心が育まれていきます♬
 2016年3月12日

稽古前のストレッチの様子です。
頑張っている姿が素晴らしいですね♬

『健康と文化』を大切な子達に伝えて行きたいです! 
   
  

 
合気会・合気道本部道長代行「植芝充央」師範による『燦武館』稽古会2013年
  

コーヒー・ブレイク

 
合気道には多くの外国人の方々が稽古されてます。
世界各地から稽古に来られるので、英語・スペイン語・ロシア語・ポルトガル語などなどが飛び交う場面が多く見られます。
その人たちが、とても日本語も上手なのです。
理由を尋ねたら、合気道の稽古で友達ができたら、その人たちと英語交じりなどで話しているうちに日本語なども意味が分るから、すぐにいろいろな言葉が理解できるようになるとのことでした。
私も合気道のお陰で、ずいぶん外国の方々と親しくなりました。国際交流って、日本文化を知ることからの方が手早いのかも知れません!?
 

『合気道』とは

 
①戦国時代以前より伝えられている護身術です。人を傷つけることなく、わが身を守る『平和の武道』です。
 
②「礼に始まり、礼に終わる」日本の『美しい伝統』を身につけて行きます。
 
③競技会などないので、争うことなく闘うことなく、自らの技と心身の練磨を、自分の体力に応じて取り組むことができます。少年少女から、高齢の方まで安心して取り組むことのできる『生涯武道』です。そして人との『調和共生』を学ぶ武道です。
 
④美しい姿勢を意識しつつ、ゆっくりとした動作で安全な稽古を目指す全身運動なので、健康には最適の武道です。
週1~2日くらいのゆったりとした武道稽古は必ず健康をもたらします。最高の『健康武道』です。
 
⑤武道としての合気道の技は生涯をかけて探究することのできる極めて奥深いものがありますから、心技一体の姿を求めつつ、『心身練磨』の境地を求めて行きます。
 
『文武両道』、厳しい労働環境の今だからこそ、身体と心を鍛えて置きましょう!
 
⑦『燦武館』は公益財団法人合気会とともに活動し、全国演武大会や全国錬成大会に参加し、『国際的な交流』も豊かな合気道場です。
 
 
 
 
合気道は世界100カ国近くで取り組まれている国際武道です。
世界の各地で合気道を通した友好の輪が広がります。
海外の友達作りにも合気道をどうぞ!
 
 
 

「若者よ」

若者よ、 身体を鍛えておけ!
美しい心が、 逞しい身体に、
からくも支えられる時が、
 いつかは来る。

その時のために、 身体を鍛えておけ、 若者よ。♪

     「ぬやま ひろし」

 
 
『健康が人生最大の幸福であり、財産です!』
 
「健康な身体に健全な心は宿ります。」ぜひ、始めようと思った今がチャンス!
合気道は何才からでも取り組めます。
ぜひ、「生涯健康づくり」のため、「安全確保と危険回避」、「楽しい友情の輪」を作る為、あなたも始めてください!
 
『燦武館 』代表師範:川口 耕司プロフィール
和歌山県和歌山市出身
中学校社会科教諭(35年勤務)
 
歴史小説や時代劇が好きで、戦国武将や江戸時代の剣豪、剣術家の世界への憧れが合気道の世界に私を導いていったのだと思います。今も佐伯泰英氏の小説は愛読書として、いつも身近にあります。
他に愛読書は「ロマン・ロランのジャンクリストフ」「山本周五郎」「司馬遼太郎」「浅田次郎」などなど、歴史的な人物物語を愛読しています!
 
現在、合気会本部道場に所属し、五段を拝受(平成28年1月10日)。神道夢想流杖道五段(平成22年3月20日)など現在も精進を継続しています。
 
 
 
 
座右の銘:「いついかなる時にも前進を!」
 
 

合気道の理念!

 現実の生活の中には様々な危険や困難がひそんでいます。そのような危機にふれないで通り過ごしてしまえることも多いと思います。しかし、そんな危険や困難に遭遇した時、正しく対処できなくては一生の後悔を残してしまうこともあり、それは取り返しのつかないことになることも多いのです。そんな危機に当たって精神的にも強く、正しい危機の処理方法を知って置くだけで違った道を歩む事ができるのです。

 人生の質を高める為には、体力をつけて置くことと健康であることはどうしても必要なことです。また人と接するにあたり、対立することなく他者の気持ちも理解して生かしながら、自分の望ましい道を開いて行く考え方がもてなくてはなりません。

 合気道の稽古を続けることで、健康な身体・粘り強い精神力・他者との調和協調など人生に必要な多くの事を学び取る事ができます。

 人生の危機管理法として、合気道を身につけておく事はこれからの時代に必須のことと思って『燦武館』道場での稽古を続けております。運動の苦手な人も、継続する中で必ず大きな成長をとげることが出来ます。それが、合気道の魅力です!






2014年全国合気道演武大会「開会式」より・・・整列は全国大学合気道連盟の学生です。